Blog

祝!!令和【水分補給編①】

こんにちは、鈴木です。
またまた、久しぶりのコメントになってごめんなさい。
もっと早く平成のうちにコメントしなくちゃいけませんよね。ホント!なまけものです!
言い訳ですが、施術のほうのお仕事はまじめにほぼ、休まず頑張ってますよ!(本当です。)

梅雨に入り、毎日暑いのか?涼しいのか?冷房つけずにお客様のトリートメントしていますが、お客様方の発汗もすこぶる順調によく排出せれています。水分をしっかり摂取されている方は施術前、中、後と三回お手洗いに行く方もいらっしゃいます。デトックス効果に繋げていきたいですね!
なので、今回は水分補給について考えて生きたいと思います。

◆水の必要性◆

水は私たちの体にもっとも多く含まれる物質で、生命活動をサポートしています。成人体のの55%~60%を占めています。主に脳、腸、筋肉、肝臓などの臓器・組織内の水分含有量は80%と比較的多いのです。しかし、脂肪組織(皮下組織)は中性脂肪が多いので、水分含有率は33%と低いです。
女性は男性に比べると脂肪量が多いため、水分含有率は55%と少ないです。また、肥満者は痩せ体質方よりも体水分量が少ないです。さらに高齢者は加齢とともに実質細胞数が減るため、成人よりも水分含有量が減り50%です。

◆水の働き◆

 ◇物質の溶解◇
 食事の中に含まれる栄養素は吸収しやすい形に分解され、代謝されます。代謝反応は水に溶けて状態で行われま
 す。

 ◇物質の運搬◇
 水分を含む血液やリンパ液は体内の物質を細胞まで運びます。また不要になった老廃物も尿から排泄されます。

 ◇体温調節◇
 水は比熱(1gあたりの物質の温度を1度上げるのに必要な熱量のこと)の高い物質で、温まりにくく、冷めに
 くい性質があります。水は温度の変化が少ないので、体温を一定に保つことに役立っています。
 例えば夏の暑いときや運動時に汗をかくのは、体熱の放散によって体内温度の上昇をふせぐためです。

◆私たちが必要な水分摂取量とは?◆

 ◇1日の水分摂取量◇
 人間は、一日に2リットルから2.5リットルの水分を尿や便から排出しています。そのため、排出された量と
 同じ2リットルから2.5リットルの水分を摂 取しなければいけません。平均的な食事をしていればそこから
 1000mlの水分を摂取しており、食べ物を分解する際に生じるエネルギーから200ml摂取することが出
 来ます。なので、残り800~1300mlを飲料水から摂取するようにしましょう。

 ◇こまめに水分補給◇
 水分を摂取する際は、1度に多くの水を飲んでも効果はありません。胃が吸収できる1回の水分摂取量は、
 200~250mlなので、コップいっぱい程度の水分量を1日に6~8回に分けて飲むようにしましょう。
 寝る前や入浴直後など、水分が失われるときや飲む時間を決めておくとわかりやすいですね。

 ◇飲むものの種類◇
 通常の生活では、水がもっとも良いでしょう。お茶や紅茶、コーヒーなどは、カフェインが含まれているので、
 利尿作用があります。日常で飲む際は飲みすぎに注意しましょう。また、ジュースや炭酸飲料水は、カロリーが
 高いので、水分補給には向きません。スポーツ飲料は、運動時には適していますが、日常では 糖分が高くなる
 ので、持続的に飲まないようにしましょう。また、飲むものの温度は冷たすぎると吸収率が悪くなってしまうの
 で、10℃くらいに戻したものを飲みやすく水分が吸収されやすいです。

◆水を飲まないとどうなるか?◆

人の体は食べ物が無くても、水さえあれば1ヶ月近く生きることが出来ます。しかし、水が1滴も飲めないと2~3日
で生命維持は困難となります。
体から1%の損失で、のどの渇き、2%の損失でめまいや吐き気、食欲減退などが現れます。そして、10~12%の損
失で筋けいれん、失神、20%の損失では生命の危機になり、死に至ってしまいます。
体の水分が不足すると、熱中症、脳梗塞、心筋梗塞など、さまざまな健康障害のリスクの要因にもなります。

◆水の健康効果◆
 
 ◇痩せ体質を作る◇
 常温の水を飲むと、体内から温まり、代謝がアップします。また水を飲むことで筋肉にしっかりと血液が送り込ま
 れ、効率よく筋肉量が増えます。 
 筋肉量が増えると基礎代謝量も増え、痩せ体質になります。

 ◇血液をさらさらにする◇
 血液がドロドロしている状態は脂肪などが血液中に大量に存在し、スムーズに流れない状態です。血液は酸素を
 運搬しているので、血液の流れが悪くなると細胞に酸素がいかず、免疫力の低下、脳や内蔵機能の低下などを引
 き起こします。
 脳梗塞や心筋梗塞をも引き起こしやすくなります。水を飲むとトイレに行く回数が増えるので老廃物が排出され、
 血液もサラサラになります。

 ◇肌に潤いを保つ◇
 肌は表面から水分を補給しても中まで届きません。肌の中まで水分を補うためには水を飲むことです。またシミ
 やシワ、くすみなども水を補うことで細胞の中の老廃物や毒素が排出され、細胞に必要な栄養素が補えるので古
 い細胞から新しい細胞へと変わり、はだの新陳代謝が改善されます。

水の効果だけみても、「飲もう!」と思いませんか?
最近、白湯が美味しく感じて4年間続けているのですが、飲みすぎかもと思うくらい飲んでいたら、体重計の筋肉量と骨量が6⇒7へ上がり、体重は変わらないのですが、体脂肪が下がり、体内年齢が-3歳に昨日なりました!
やぱっり!
白湯&水効果ですかね!
これからも自分の体を使って実体験していきたいと思います。
それでは、皆様しっかり水を飲みましょうね♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

最近のコメント

カテゴリー